請負事業・労働者派遣事業

お客様のニーズに合わせたヒューマンサービスをご提供します

集合写真

ビジネスを取り巻く環境は情報技術の進化とともに、すさまじい勢いで変化しています。

「必要なときに必要な人材を外部より積極的に確保する」

それがこの変化の時代に生き残るための、柔軟な発想の人材活用です。私たち太陽インダストリーでは、業務請負業から人材派遣まで、今までに培ってきた実績とノウハウのもと、適正なコストにて企業戦略のパートナーとして人事システムを強力にサポートします。経営戦略面で企業の可能性を効率的に高めるヒューマンサービスおよびプランニングをご提供いたします。 また、請負職場では5S活動やサークル活動に積極的に取り組むことによってコストを低減し、より安全で高品質な作業を提供いたします。

対応職種

  • 事務職(総務・経理・営業業務)
  • 工場生産職(オペレーター・技術者・一般作業者・各種免許取得者)

業務請負のメリット

  1. 責任負担の軽減 生産計画に基づく発注・進捗への対応のみで、生産責任が減少する。
  2. 会社母体のスリム化・コスト削減 社員管理の負担軽減で、他部署へ力を注ぐことが出来る。
  3. 雇用の安定化 生産量の増減による影響を最小限に抑え、状況に合わせた柔軟な対応が出来る。
  4. 経営の安定化 安定した利益率を得ることが出来る。

業務体制・スタッフ編成・労務管理

図3

  1. 弊社の作業者でチームを編成し、チームにはリーダーを任命します。さらに常駐の管理責任者を配属します。
  2. 管理責任者及び職制は次の業務を行います。
    • 貴社の生産計画に対する進捗管理
    • 製品の品質確保を不良防止
    • 生産性向上に対する改善提案の実施
    • 作業の安全権利と5S運動の推進
    • 作業者の労務管理

派遣と請負の違い

労働者派遣事業

労働者派遣事業とは、派遣元事業主が自己の「雇用する労働者」を、派遣先の「指揮命令」を受けて、この派遣先のために労働に従事させることを”業として行う”ことを言います。 図1

【責任の帰属】 派遣元と派遣先のそれぞれに責任がある
派遣元 ・・・ 労働契約、賃金の支払い、時間外労働協定の締桔、労災補償等の責任
派遣先 ・・・ 労働者の危険・健康障害防止措置、労働時間等の責任

請負事業

図2. 請負とは、請負契約に基づいて、注文主からの仕事の完成を目的とするものをいいます。この場合、注文主の事業場で働く労働者であっても、注文主と労働者との間に指揮命令関係は生じません。

【責任の帰属】 基本的には、請負事業主に全て責任がある
※偽装請負とは ・・・ 形式的には請負としているが実態は労働者派遣を行っていること