太陽インダストリー株式会社 段ボール事業部

太陽インダストリー株式会社 段ボール事業部 技術情報

発泡系包装材の基礎知識

発泡スチロールは嫌われている?

EPE+ウレタン

日本では、一時期のゴミ問題で非常に邪険に扱われる発泡スチロール(EPS)ですが、実は今ではリサイクルの優等生で約70%といわれるリサクル率を誇っています。

とはいえ、家庭ごみとしてはかさばる・ゴミ袋がたくさんいる・削れカスが出るなどあまりいい印象はないようです。

しかし、発泡スチロールはたくさんのメリットがあり、用途を変えて普及しています。

例えば、その断熱効果。

空気をふんだんに含んでいるため、高い断熱効果は防露材としていろんな製品のなかに使用されています。

また、柔らかいため、シート状の発泡材は養生材としても活躍しています。

包装材としては、緩衝材として素晴らしい威力を発揮します。

高い復元性は一度や二度落下衝撃を与えても、全く緩衝材のヘタリはなく、ある程度のデータがあれば緩衝能力も机上計算で終わってしまいます。

イニシャルがかかるのがたまにキズですが、大量生産に向いている包装材でしょう。

段ボール緩衝材のように組み立てる必要がなく、作業性に優れている反面、在庫スペースをとってしまうデメリットもあります。

包装材でも、用途に応じて、発泡スチロールを使うのも良いのかもしれません。