太陽インダストリー株式会社 段ボール事業部

太陽インダストリー株式会社 段ボール事業部 技術情報

包装材指令

包装材指令

USA03

このエントリーをはてなブックマークに追加

包装材指令とは、正確には包装品・包装廃棄物指令のことを指します。

よく間違われるRoHS指令では、工業的な製品の中身を規制したものです。

そのため、RoHS指令において、梱包部材を規制する事はありません。

この包装材指令について、内容は、読んで字の如く包装品や包装の廃棄に関する指令です。

パレットなど流通品は対象外となっています。

規制有害物質は「鉛、水銀、カドミウム、六価クロム」になります。

そして、1点注意しなければいけないのが、閾値についてです。

この指令に関しては1包装単位の合計が、100ppmという基準になっています。

これはRoHS指令より、厳しい規制になっています。

ちなみに、大型の外装箱などによく使用されるステープルは、この包装材指令にひっかかりますので、欧州へ輸出する包装材には使用しないことをオススメします。

尚、この規制は欧州の規制ですが、生産のグローバル化に伴い日本でもこれを取り入れる企業が増えているようです。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です