太陽インダストリー株式会社 段ボール事業部

太陽インダストリー株式会社 段ボール事業部 技術情報

包装技術ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加
太陽インダストリー株式会社発の包装技術に関する考え方やトピックスなどをアップするカテゴリーです。

包装技術ブログ

輸出用包装

1.使用目的・用途

日本国内の物流ネットワークと物流品質と比較して、多様な温湿度環境を含め過酷と言われる海外輸送環境。

日本で通じる包装仕様が海外では、品質を維持できない例は多くみられます。

より強固に製品を守り、しかし多くのコストはかけない包装仕様を提案します。

2.お客様のメリット

・商品の特性・用途や形状と容器に合った包装仕様で、品質が向上します。

・仕向け先/配送先に応じた輸送環境レベルを想定しますので、最適な包装強度が得られます。

・グローバルな温湿度環境条件を把握していますので、物流品質に関する知識が得られます。

3.当社の独自性

・お客様の商品の特性に合った形状や構造を設計提案しています。

・強度確保はもちろん、組立性や商品の収納/取出、材料の加工ロス率まで考えた詳細設計を行います。

・輸送環境に応じた設計と、お客様と共に品質を仕上げていく情熱の開発姿勢が当社の強みです。

4.当社が過去に提案した様々な包装仕様

輸出包装事例

輸出包装事例

5.当社で把握している海外環境の一例

無題

6.併せて検討頂きますと便利です

容器構造・機能と仕切(緩衝材)の相乗効果を最大にするため、包装仕様全体で設計依頼をして頂けますと、コストパフォーマンスを追求できます。

7.ご検討頂くに当って

・段ボール材料で少量の試作サンプルに関しては無償でご提供させて頂いておりますが、数量が多い場合や段ボール以外の包材・段ボールでも特殊材質になる場合等は営業マンにお尋ねください。

・実際に御社の商品を設計・検討に入る場合は、商品の現物又は図面・既存の包装材について借用または採寸をお願いさせて頂いております。設計精度に影響しますので、ご協力お願いいたします。

JIS Z0200-1999について

images (1)

JISのZ200では、評価試験方法通則として、ISO4180/1及び1480/2をもとに作成されたもので、評価試験の考え方を指針として示しています。

その中には、試験方法として落下試験、水平衝撃試験、圧縮試験、散水試験、振動試験及び各試験の前処置について詳しく記されています。

各企業の各製品によって採用される試験方法は様々ですが、後述する実際の輸送環境に合わせた試験を採用されているところが多いのではないしょうか。

もちろんそれは、実際の輸送中の問題発生の状況と試験内容が合致していなければ試験の意味がないという大前提にたって考えられているためでしょう。

多くの場合、その考えは製品にはしっかり適用されています。 (さらに…)