太陽インダストリー株式会社 段ボール事業部

太陽インダストリー株式会社 段ボール事業部 技術情報

パレットの基礎知識
このエントリーをはてなブックマークに追加
パレットに関する基礎知識を勉強できるカテゴリーです。

パレットの基礎知識

パレットのサイズ

img_app

日本 では、1970年にT11型 (1100mm×1100mm×144mm) がJISにより一貫輸送用平パレットとして規格化され、その名のとおり「イチイチパレット」と俗称されています。

一貫輸送用平パレットとは、構造・寸法など規格によって統一されたパレットを広範囲の業界及び各輸送機関で相互に共同運営するパレットプールシステムで利用されるパレットのことです。

ただし、業界によってはT12型など異なるサイズを標準利用としている場合もあり、全てにおいて標準化されているわけではなく、日本国内では業種ごとに100種類くらいのサイズがあると言われています。

日本でのT11型パレットの普及率は40%以下と言われており、標準化があまり進んでいないのが現状です。

ちなみに海外では非常にパレットの標準化が進んでおり、海外向けのパレット積付け輸送を除いて、現地での荷役では、標準化された寸法で計算しておけば概ね問題ないようです。

海外のパレット寸法

1165mm×1165mm – オーストラリア

1200mm×800mm – ヨーロッパ

1200mm×1000mm – ヨーロッパ、中国

1219mm×1016mm(48×40インチ) – アメリカ

尚、国によってサイズが異なることから、国際物流での障害解消の為、相互利用の為の標準規格サイズの策定が行われています。

材質については、日本では木製パレットから合成樹脂(ポリプロピレン、ポリエチレン)製のものに移行してきていますが、木材資源が豊かなヨーロッパでは環境保護のために樹脂製ではなく木製のパレットの使用量が圧倒的に多いようです。

輸出入パレット

200px-Wooden_pallet_with_glove

日本から海外・海外から日本へ輸出入する際に使用されるパレットについてです。

輸出入時には、検疫というシステムがあります。

これは、植物や動物を輸出入することで、生態系を壊してしまったり、有害な動植物を拡散を防止したりする目的で輸出入を制限するものです。

一般に海外輸出入に使われるパレットはワンウェイであるため、コストや廃棄性を考え木パレットが使用されます。

この木は検疫の植物に当たるもので、有害な虫等が木の中にいると大変なので、輸出入を制限されています。(LVL合板等は対象外)

特にパレットによく使用される針葉樹は害虫が住みやすいとされています。

これらは基本的に燻蒸処理による消毒を行うことで、クリアすることができます。

尚、実際の輸出入に際しては燻蒸したことを証明する書面が必要で、燻蒸業者から取り寄せる必要があります。

尚、燻蒸についての詳細は国連食料農業機関(FAO)が制定した「国際植物保護条約(IPPC)」に規定された「植物防疫国際基準(ISPM)」によって各国の基準が定められているようです。

以下は輸出先各国の規制内容です。

輸出相手国 対象梱包材等 防疫規則
米国 樹皮付着木製梱包材 熱処理(材芯部温度摂氏56度以上で30分以上加熱)または、臭化メチルくん蒸(温度により殺薬量は異なるが、くん蒸時間は16時間以上)を行う。 登録された施設で処理され、且つ、相対する2ヶ所以上にマークを表示する。(施行日については未定)(2003/11/17 REVISED)
カナダ 米国と同じ 米国と同じ(施行日については未定)(2003/11/25 REVISED)書
オーストラリア 木製梱包材 蒸熱処理、乾熱処理または、臭化メチルくん蒸を行う
熱処理証明書または、くん蒸証明書が必要
ニュージーランド オーストラリアと同じ オーストラリアと同じ
EU 針葉樹製梱包材 登録された施設で熱処理され、且つ、梱包の2カ所以上にHT(Heat Treatment)マークを付けること(熱処理証明書は不要)
中国 針葉樹製梱包材 登録された施設で蒸熱処理され、且つ 熱処理証明書が必要
非針葉樹使用の場合でも、その旨の声明文が必要
韓国 木製梱包材 マツ属、カラマツ属、ヒマラヤスギ属は輸入禁止
(抽出検査で発見された場合は、焼却又は、積み戻し)
ブラジル 木製梱包材 蒸熱処理、乾熱処理または、臭化メチルくん蒸(熱処理は米国や豪州の処理基準を適用)
植物検疫証明書(Phytosanitary Certificate)が必要(植物防疫所発行)
アルゼンチン 樹皮付着木製梱包材 外地側(アルゼンチン輸入時)にて検疫検査実施
日本からの輸出時には規制はない
ノルウェー 針葉樹製梱包材 乾熱処理を行うこと(含水率20%以下)
植物検疫証明書が必要(植物防疫所発行)
ルーマニア ノルウェーと同じ ノルウェーと同じ
チェコ ノルウェーと同じ ノルウェーと同じ

これに対して、段ボール製パレットというものはこれらの規制にかからない材質です。

木製(燻蒸含む)と同等以下のコストで証明書も不要なことから、ワンウェイ用途での使用が徐々に広がっています。

但し、構造にもよりますが、耐荷重は1t~2t程度で水に弱い特性があります。

段ボールパレット

1.使用目的・用途

同一種類、多数の物品を積付け・輸送する為にパレットを使用しますが、ワンウェイの輸出用途には段ボール製パレットが適しています。

2.お客様のメリット

・木製パレットと比べ軽量であり(約3分の1)、輸送コストの削減が図れます。

・燻蒸、熱処理費が不要です。

・廃棄が容易、リサイクル可能です。

・パレットの回収・管理が不要です。

3.当社の独自性

・お客様の商品の特性に合った形状や構造を設計提案しています。

・強度確保はもちろん、組立性や商品の収納/取出、材料の加工ロス率まで考えた詳細設計を行います。

・輸送環境に応じた設計と、お客様と共に品質を仕上げていく情熱の開発姿勢が当社の強みです。

4.当社段ボールパレットの基本仕様

無題

5.当社が過去に提案した段ボールパレット

無題

6.併せて検討頂きますと便利です

容器構造・機能と仕切(緩衝材)・パレットの相乗効果を最大にするため、包装仕様全体で設計依頼をして頂けますと、コストパフォーマンスを追求できます。

7.ご検討頂くに当って

・段ボール材料で少量の試作サンプルに関しては無償でご提供させて頂いておりますが、数量が多い場合や段ボール以外の包材・段ボールでも特殊材質になる場合等は営業マンにお尋ねください。

・実際に御社の商品を設計・検討に入る場合は、商品の現物又は図面・既存の包装材について借用または採寸をお願いさせて頂いております。設計精度に影響しますので、ご協力お願いいたします。